活動紹介

主婦による市民運動が都市計画的観点で映画化されたって。『ジェイン・ジェイコブズ ニューヨーク都市計画革命』│雑記

ジェイン・ジェイコブズ がいなかったら、世界で一番エキサイティングな都市・ニューヨークは、きっとずっと退屈だった。 1961 に出版された「アメリカ大都市の死と生」は、近代都市計画への痛烈な批判とまったく新しい都市論を展…

講義ノート

都市再生論│楽に儲かるほうに動くのが資本主義。賃料が都市を形成するって知ってる?

建築を学んだのちマッキンゼーに入社した経歴をもつ林さんによる「建築を資本主義の背景に経営的・ファイナンシャルの視点で捉えろ」という講義は、社会での建築家の立ち位置を学生に考えさせるものであった。
早稲田大学芸術学校という芸術的思考の建築を学ぶ場で、「建築はキャッシュマシーンである」という言葉を発する都市設計の講義は異質な組み合わせだった。

書籍紹介

重要なのは雇用形態ではない。「2025年の建築 新しいシゴト」で出会った16人の生き方│書籍紹介

「シゴトオルタナティブー新しいは働き方、別の生き方」というHEAD研究会が2013年に4回に渡り開催したシンポジウムを収録している。
建築がシゴトでなくても、この本の対談からは「産業の現状とシゴトの仕方」を考えるきっかけになるだろう。
【仕事を通じて、自分の人生を主体に生きるための知恵】がこの本には書かれている。やりたい仕事をつくり出す戦略や好きなことを仕事にする、あるいは仕事を好きになるための心構え。そういったものがところ狭しと置かれている。